2016年12月26日月曜日

省エネ住宅=ZEHなの?

// //
日本の住宅性能は、世界の基準からは相当遅れております。
特に遅れているのは『断熱性能』です。

理由はあります。
日本は昔から木造建築が主流です。
夏、高温多湿になる為、通気性を善くして家の耐久性を高める文化が根付いているのも一つです。

しかし、住宅の気密性が高まってきた現代において、
『断熱性能』は満たされているのか?

比較的、寒冷地の住宅は『断熱性能』がよく
温暖な地域はよくないのが現実です。

そしてその結果、温暖な地域でのヒートショック事故が多くなっております。


そこで『高気密』+『高断熱』『省エネ住宅』という家創りを行うのが善いと考えております。
その家創りには、たくさん大切なポイントが潜んでおります。

『省エネ住宅』とは『パッシブハウス』と呼ばれる燃費のよい家だと思います。

写真のお家は、47坪の大きさで6畳用のエアコンを2台しかつけておりません。
夏も冬も快適に過ごして頂いております。

ここで『ZEH』:ゼロエネルギーハウス触れさせて頂きます。

・燃費のよい家に、必要最低限の太陽光発電システムを搭載する。
・燃費の悪い家に、大容量の太陽光発電システムを搭載する。
これ、どちらも『ZEH』になると思います。

どちらがよい家だと思いますか?


『パッシブハウス』に必要最低限の太陽光発電システムを搭載し『ZEH』を実現して、快適に健康で省エネな暮らしをして頂きたいと思います。

頑張って、そんな家創りを行わせて頂きたいです。



【お問い合わせ】は
元木までお願い申し上げます。
連絡先:090-1008-9137




詳しくは弊社の オフィシャルウェブサイトを御覧ください。
 
 
お問い合わせはこちらから